チーズケーキに関する情報が満載!

おいしいチーズケーキ

チーズケーキが持つ個性

チーズケーキは女性や子供だけでなく、甘いものが少し苦手な男性も食べやすい幅広い層に人気のスイーツです。
スーパーやコンビニ、ご当地のお土産などでよく見かけるものですが,よく観察してみるとカップに入ったプリンのようなものスティックタイプのもの、ふわふわとかすてらのようなものなど様々なタイプのものが存在します。
チーズケーキは調理法によってベイクド、レア、スフレの3つに分類されます。
それぞれ見た目や食感に大きな違いがあります。
まず一つ目のベイクドは生地を型に流して焼きこむタイプです。
こちらは非常に濃厚でしっとりとした食感が特徴です。
3つのなかで最もチーズ感がつよく、チーズの風味を一番に感じることができます。
2つ目のレアタイプはチーズに生クリームやミルクを加え、ゼラチンなどで冷やし固めたものです。
「レア」というだけあって調理に火を使わないので、家庭で手軽につくることができます。
3つ目のスフレタイプはベイクドの生地に泡立てた卵白を加えて焼きこんだものです。
蒸し焼きのようにして焼くので、しっとりふわふわの食感が特徴です。
このように同じ「チーズケーキ」でもタイプによってそれぞれに個性があります。
気分や一緒に食べる人によって選んでみるのもよいでしょう。

クリームチーズを使わないチーズケーキの作り方

クリームチーズを使わなくても、味も食感も全く変わらない、おいしいチーズケーキが作れます。
その秘密は「ヨーグルト」で、水分をしっかり切ることで、まるでクリームチーズのような味わいになるのです。
プレーンヨーグルト450gは、ひと晩冷蔵庫で水切りし、200gにしておきます。
チーズケーキの作り方は、まずボウルに卵白3個分と砂糖25gを入れ、ハンドミキサーの高速で泡立てて、しっかりしたメレンゲを作ります。
別のボウルに卵黄3個分と砂糖35gを入れ、低速で白っぽくなるまですり混ぜ、水切りしたヨーグルトを加えてよく混ぜます。
薄力粉35g・塩小さじ4分の1・パルメザンチーズ5gを合わせてふるい入れ、粉っぽさがなくなるまで混ぜ、続いてコンデンスミルク30g・レモン汁大さじ2・牛乳70ml・バニラオイル少々を加えて、同じく低速で混ぜます。
そこにメレンゲの3分の1量を加えてヘラで混ぜ、残りのメレンゲを加えてさらに混ぜ、白いかたまりがなくなるまで混ぜます。
天板に大小のバットを重ねて型をのせ、型に生地を流し入れて、大きいバットのほうに熱湯を注ぎます。
160度のオーブンで50分、湯せん焼きにします。
竹串を刺してみて、生地がついてこなければでき上がりです。

check

保証人(保証会社)不要、入居費用も格安なので女性が安心して利用できます。空室情報もどんどん更新しています。

シェアハウス 女性

沖縄での海洋散骨をお考えでしたら、お問い合わせください。

海洋散骨を沖縄の会社に相談

防水性・ケースのボリューム感・視認性にも優れたモデルです。

オメガ シーマスター 買取

2017/9/13 更新

▲ページ上部へ移動▲